ウケクチウグイ



 受け口になっているウグイということです。つまり下唇が上唇よりも長い形をもったウグイのことです。ウケクチウグイはとても狭い地域でのみ生息を続けてきた種で、生息を続けた河川はそのいづれもが流れを日本海に注ぐ山形県の最上川、新潟県の信濃川、そして阿賀川・阿賀野川などが主な河川のようです。日本のなかで極めて狭い範囲で生き続けてきた種がこの阿賀川に生き続けているということはそれを支え続けてきた阿賀川の凄さと改めて大切さを知る手懸りともなる魚です。

ウケクチウグイ(コイ科)
絶滅危惧種