ミクリ



 阿賀川の河川本流から少し離れたワンドや湧水による池、緩い流れの細流などに生育をする植物で、種子がつくられる果球がクリ(栗)に似るので(お互いのイガ、イガが)実栗(ミクリ)と呼称したものです。不思議な形をした種子(果球)が川を訪れる人々に小さな驚きを与えている植物です。近年、河道の整備などが進み全国的に減少している植物です。この植物が生育するところでは、小魚やヤンマ、両生類などの生息場所でもあり大切にしたいところです。阿賀川ではところどころでまだ見られます。

ミクリ(ミクリ科)
絶滅危惧種