閼伽日記


閼伽(アカ)日記は阿賀川・川の達人の会の活動の様子などを画像と文字で日記風に綴ったものです

2010年3月26日(金)16時30分
北陸のトゲウオ生息地を訪ねて

先日、北陸金沢へ行くことになり、スケジュールに余裕があったので北陸のトゲウオ生息地を見たいと思いインターネットで調べ、石川県白山市美川町周辺、石川県志賀町米浜地区、そして有名な福井県大野市の本願寺イトヨの里、越前市の4カ所をリストアップ、スケジュールの都合で前3カ所を見て来ました。 詳細はこちらで


2010年1月25日(月) 12時30分
◇青松浜の白鳥◇

2月24日、天気が良かったので白鳥を撮影に猪苗代湖の南端の青松浜に行って来ました。夕方になると田んぼで餌あさりをしていた白鳥が河口に戻ってきました。夕陽に輝く磐梯山と飛翔している白鳥を狙ってカメラを構えシャッターを押し続けました。飛んでいる白鳥を自分の思った構図で撮影するのは非常に難しいものです、今はデジタルカメラですので撮影枚数にはほとんど制限がなく、またISO感度も上げることができるので撮影枚数で勝負、その中で1枚良いものがあれば儲け物。でもこんな考えだと腕は上がりません、やはり「一球入魂」ワンショットで決められる腕を磨かなければと思います。
《画像をクリックすると拡大します》


2010年3月2日(火)10時00分
◇タゲリを見ました。◇

雪の日、阿賀川の堤防下の田んぼで、なにやら動いている鳥を見つけました。よく見ると頭に角のような毛が生えていました。冠羽を持った鳥で「キレンジャク」は知っていたのですが、それとは違うようで帰って図鑑をみると「タゲリ」でした。
《画像をクリックすると拡大します》


2010年2月22日(月) 9時00分
◇2月22日、翁の白髪になる部分ができてきました◇

今日の朝のオキナグサです萼片が落ちつつあります、よく見ると、翁の白髪になる部分ができてきました。一週間後の変化を楽しみにしたいと思います。
《画像をクリックすると拡大します》


2010年2月15日(火) 16時30分
◇2月15日、オキナグサの萼片が落ちようとしています◇

今日の朝のオキナグサです、よく見ると萼片が落ちようとしています、これから上方に伸び翁の頭のようになるのを楽しみにしています。
今後を楽しみにしていて下さい。
《画像をクリックすると拡大します》


2010年2月9日(火) 10時00分
◇2月9日、オキナグサが開花しました。◇

大雪のあとの雨、2月に雨とは何かがおかしいような気がします、でも見方を変えればこれが自然なのかもしれません。今日のオキナグサは完全に開花して上を向きました。種から育てて1年目ですが花は小さいような気がします、栄養や日光が足りないのでしょうか暫く様子を見たいと思います。ボイラー室にあと3株モヤシのようにヒョロとしたオキナグサがありますので移植して日光にあて花を咲かせてみたいと思います。
《画像をクリックすると拡大します》


2010年2月4日(木) 10時00分
◇2月4日、オキナグサが開花し始めています。◇

今日の朝は非常に冷え込み車載温度計によるとマイナス7℃でした。我が家のオキナグサをみると根本に2つの花芽がありその一つが少し開きかけ、蕾には紫色の花弁らしき物が見えていました。葉の数も増え大きくなって来ています、完全な開花が楽しみです、しばらくお待ち下さい。
《画像をクリックすると拡大します》

2010年1月28日(木) 10時30分
◇1月28日の我が家のオキナグサ◇

今日の朝、我が家のオキナグサを撮影しました、葉が以前よりも青く大きくなって広がってきたようです。移植も問題がなかったようで一安心です。
昼間は出窓に於いて日光に当てています、夜間は出窓の下のパネルヒーターのそばに置いています。
室温は一日を通して22℃くらいになっていますが人間にとっては快適な環境なのですが自然児のオキナグサにとってはどうなのでしょうか?。
《画像をクリックすると拡大します》

2010年1月25日(月) 12時30分
◇我が家のオキナグサ◇

昨年種から育てたオキナグサをプランターに入れて軒下に置いていました、かぶせてあったシートをとると葉が枯れていて霜柱が立っていました(写真左)。冬に花を咲かせる為12月末にボイラー室にいれて置いて忘れていました。点検の為ボイラー室(常時暗室)をみると茎と葉が出ているのを見つけ植木鉢に移植して家の中で花を咲かせる事にしました(写真中)。葉はもう少しで開こうとしています(写真右)。3月中に花が見られればと期待しています。

                        《画像をクリックすると拡大します》


2010年1月21日(木) 15時00分
◇霧氷◇

1月20日(水)、今日は霧で視界不良、気温マイナス4℃、空からは雪ではなく霧氷が降ってきた。これは良い写真が撮れそうと車に飛び乗り阿賀川へ。本郷大橋の下流では草木に霧氷がびっしりと付いていて良い感じ、草木の先端部に付いた霧氷をアップしてカシャ、カシャ、自然の一部を感謝して頂きました。
                        《画像をクリックすると拡大します》


2009年12月9日(水) 14時30分
◇移植したオキナグサの一ヶ月後◇

11月5日に自宅で種から育てたオキナグサの苗を会津美里町せせらぎ公園近くの阿賀川堤防に移植して一ヶ月がたつので見てきました。葉の緑色はくすんできましたが枯れることなく根付いたみたいです。また一ヶ月後ぐらいに見に行きたいと思います。自宅に残ったオキナグサの苗を家の中で冬越しさせ3月末ごろに咲かせたいと思います。できるかどうか分かりませんがチャレンジしてみます。



2009年11月18日(水) 14時30分
◇水環境シンポジウム◇

11月17日(火)会津若松市文化センターに於いて「水環境シンポジウム」が開催されました。達人の会が支援している、城西小学校、謹教小学校の発表があるというので行って来ました。  詳細はこちらで

2009年11月17日(火) 10時30分
◇アドベンチャークラブ芋煮会◇

11月14日(土)会津若松市「水辺の楽校」近くの蟹川橋付近に於いてアドベンチャークラブの芋煮会に参加してきました。当日の朝は小雨模様、蟹川橋の下にて雨を避けながら芋煮をしました。みんなで協力して大きな鍋いっぱい作り食べました。腹一杯いただきました、ごちそうさまでした。うま勝った、ぺこ負けたでした。
                                                   詳細はこちらで


2009年11月11日(水) 11時00分
◇Tさんよりの1枚◇

Tさんより緑町付近の湯川の堤防にあるイチョウの写真を頂きました、ここは私と犬の散歩コースの一つになっているところです、この辺の湯川にはカモ類やサギ類など多くの水鳥がいます。準絶滅危惧種(福島県RDB)のバンなども見ることが出来ます、水鳥の観察にはとても良いところですのでみなさんも行かれたらいかがでしょうか。日の出後と夕方は特に綺麗です。(思い込み?)



2009年11月5日(木) 14時00分
◇オキナグサの移植◇

11月5日(木)、会津美里町せせらぎ公園近くの阿賀川堤防で5月18日(月)に種を採取、それから育てた苗をオキナグサを守る会、本郷第二小学校児童、本郷幼稚園園児や地元のみなさんと堤防に移植してきました。
写真右下の苗は自宅で種から育てたものです、冬を無事乗り越え春には素晴らしい花を咲かせてくれるでしょう。
春の楽しみがまた一つ増えました、苗がどのように生長していくのか時々見に来たいと思います。
お手伝いしていただいた会員のみなさん、お疲れ様でした、ありがとうございました。


2009年11月4日(水) 11時00分
◇寒気襲来(大川ダム・観音沼)◇

11月3日(火)かねて計画していた観音沼へ行ってきました、当日の朝は寒気の襲来で会津盆地の周辺の山は白くなっていました。行く途中の大内宿入り口付近の混雑もなく山々は白、赤・黄、緑の三段紅葉、青空も見えて良い感じでした。目的の観音沼は一面の銀世界、観光客も数えるほど、紅葉を期待していたのでガッカリ、喜んでいたのは犬だけで雪に顔を突っ込んで臭いを嗅いでいました、また来年ですね。
観音沼に向かって右側の斜面で駐車場の増設工事をやっていました、来年は多くの人たちが訪れるのでしょう、今の環境が維持されることを願うばかりです。


2009年10月30日(金) 11時00分
◇かくれんぼ◇

10月14日(水)に謹教小学校の総合学習のお手伝いをしたときに珍しいものをUさんが写真に納めました。川の中にあった丸太のくぼみにヘビトンボの幼虫が隠れていたのです。ちょっと見ただけでは分からないくらい巧く隠れていました。左の写真は画像処理をしていますのでハッキリと分かるのですが良く見つけたと感心しています。物をただ見るのではなく「観る」ことが肝心ですね。

《左の画像をクリックすると拡大します》


2009年10月27日(火) 15時30分
♡♡♡恋人岬♡♡♡

喜多方と裏磐梯方面に行ってきました、猪苗代からの道は混みそうなので喜多方から上がっていきました。途中「恋人岬」といわれるところへ足を伸ばし会津盆地のパノラマを見てきました。場所はずいぶん昔に来たことのある所でした、その頃は雑草が生い茂り写真のような風景は見ることは出来なかったと記憶しています。近くには「百日紅:さるすべり」という喫茶店風の洒落たそば屋さんがありました。素晴らしいパノラマでした、四季のパノラマを見に○○と来きたいと思います。○○に「恋人」と書きたいのですが「うーん残念」
《画像をクリックすると拡大します》
【アクセス】 百日紅をクリックしてください。


2009年10月27日(火) 14時00分
◇ごちそうさまでした◇

10月14日(水)謹教小学校の総合学習のお手伝いが天神橋付近にてありました。終わったあと、今年めだか塾を修了されたTさんとNさんよりすいとんのプレゼントがありみんなでごちそうになりました。すいとんの主材料は小麦粉なのですが水との調合が難しいとのことです、どろどろになったり、固くなったり。写真右はTさんのキャンプでの七つ道具(調味料等々)です。うーん、すごーい。Tさんは主夫が出来そうですね、いややっているかもしれません、Tさんに聞いてみたい。それでは最後に「ごちそうさまでした。」

2009年10月8日(木) 17時00分
◇阿賀川に架かる虹の大橋◇

台風18号の日本列島縦断で早朝からメダカの引っ越しやらで大忙し、8時30分ごろUさんから虹が見えるよとの情報、急いで車に乗り見通しの良い本郷大橋に行く。一瞬の晴れ間に素晴らしい虹を見ることが出来た、一部分ではなく左端から右端まで全体が見られ、それも副虹(右上)のおまけ付き、何か良いことがありそう。幸い台風の影響も少なく安堵。(主虹と副虹は色の配列が逆になっています、目を凝らして見てください

2009年10月6日(火) 16時00分
◇RACインストラクター1種講座開講◇

10月3、4日に川の指導者養成講座(RACインストラクター1種)が開かれました。各地から11名の受講者が参加、机上での講義と学科、フィールドでの実技を行いました。「リーダー」より一段高い理解力と実践力が要求されるため、みなさん真剣に受講していました。合格された方々の今後の活躍を期待したいと思います。

2009年09月28日(月) 16時30分
◇トンボの名前は?◇

サワガニを撮影した帰り、車に戻ると近くの草に赤いトンボが止まっていました「ラッキー」と思い車からカメラを取り出し撮影しようとしたらいないではないですか「ざんねーん」、トンボが草に止まるのを30㎝の近さから待つことしばし、膝の痛いのも我慢我慢ようやく撮影できたものの名前が特定出来ません、正面を撮影した画像と肩の辺りの赤色から「ナツアカネ」ではないかと思います、ご存じの方はご教示願います。やはり多面が撮影しないとよく分からないということがよく分かりました。《左の画像をクリックすると拡大します》

2009年09月28日(月) 15時00分
◇サワガニ◇

ある沼の水路でサワガニを見つけました、おなかには親と同じ形の子ガニが10匹ほどいました。(写真左) 親から落ちた2匹を写真に撮りました、(写真中) 甲羅の大きさは約4mm、2週間後に同じ場所で少し大きく育った(約6mm)子ガニを見つけました、(写真右) たぶん以前撮影したものの仲間でしょう。メスがいて子供がいるということはオスも近くにいたのでしょうか。水路は1m程度の高さがあるのですが生息地と水路との移動は容易に出来るでしょう、
《左の画像をクリックすると拡大します》

2009年09月24日(木) 11時30分
◇秋桜の花◇

夕陽をバックに田んぼの近くにあったコスモスを撮影しました、途中で山口百恵の「秋桜」を思い出し、歌い出しの「淡紅の秋桜が秋の日の何気ない陽溜りに揺れている・・・・」を思い起こさせるような情景でした。後で歌詞を良く読むと、明日嫁ぐ子と母親のことを書いたものでした。少し陰があるように見える(私だけか?)山口百恵にはぴったしの曲だと思います、また作詞作曲の「さだまさし」の人生観が出ている曲だと思います。

2009年09月04日(金) 16時00分
◇アレチウリ勉強会に行ってきました◇

9月3日(木)阿賀川河川事務所主催の「アレチウリ勉強会」に行ってきました。配付資料により特定外来生物・アレチウリの説明があり、その後坂下環境アドバイザーから他所での被害状況の説明、判別の仕方等々のアドバイスを受け駆除作業を実施しました。今回の場所は狭かったので30分程度で除去出来ました。お忙しい中また暑い中、ご協力頂いた会員のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございました。

2009年09月04日(木) 16時00分
◇誰かに似ている◇

9月2日(水)「平成21年度会津めだか塾」の閉講式がありました。
懇親会が終了し最後に帰るとき、風船おじさんがミッキーマウスのリクエストを受けました、酔いのせいで何度も作り直し漸くできたものを見ると「うーん 誰かに似ている」と思ったのは私だけでしょうか、塾生だった方々はもう分かったと思います。「その通り」と思った方、達人の会までメールをください。
※閉講式の様子については「イベント」を見てください。

2009年09月04日(金) 16時00分
◇めだか塾(8/29)◇

8月29日、「会津めだか塾」が本郷大橋付近に於いて実施されました。暑い中お疲れ様でした。後は閉講式を待つだけ、でもめだかはメダカ、カダヤシに間違われないように、阿賀川・川の達人の会で経験を積んで立派なめだかに育ってください。
高津講師による「対象となる参加者の事を知る」

加藤講師による「川と人・社会・文化の関わり」

安積講師による「トンボについて」

高橋講師による「川という自然の理解」


2009年09月04日(金) 16時00分
◇めだか塾(8/22)◇

8月22日、「会津めだか塾」が宮古橋付近と本郷大橋付近に於いて実施されました。午前は宮古橋にて阿賀川河川事務所主催の「住民参加の水質調査」に参加しました。COD他の簡易測定、透視度の測定、水生生物採集による水質調査を実施、午後からは本郷大橋付近にてカヤックの漕艇術の実技がありました。なかなか思うように進めず苦労していたようです。暑い中お疲れ様でした。

2009年09月04日(金) 16時00分
◇会津盆地のパノラマ写真◇

良い天気だったので阿賀川沿いを車で回ってきました。本郷山(白鳳山公園)よりのパノラマ写真を掲載します、横長なのでスクロールしてみてください。この景色を見ながらお昼を食べる予定だったのですが、途中でS氏の友人らしき人に出会い道草を食ってしまいました。うーん 残念・・・ 夜景も綺麗だと思います、いつか撮影にチャレンジしたいと思います。
《下の画像をクリックすると拡大します》

2009年08月11日(火) 11時00分
◇めだか塾(8/8)◇

8月8日、「会津めだか塾」が会津美里町せせらぎ公園付近の河川敷他に於いて実施されました。午前は馬場講師による「安全対策、安全管理」についての実技、午後からは押田講師による「野外救急法」の実技がありました。スローロープ投げでは思ったところへ飛ばすことが出来ず、また渡河訓練では陸上とは違い思うように体が動かせず苦労していたようでした。雨の中お疲れ様でした。

2009年08月3日(月) 13時30分
◇バンの幼鳥◇

少し前、バンの生まれて間もない幼鳥を3羽見かけました、散歩の都度川岸の草むら付近を見渡すと時々見かけていました、昨日の朝大きくなった幼鳥の撮影に成功しました、羽の白い文様は成鳥と同じぐらいになっていますがクチバシはまだ赤くなっていません、いつ頃赤くなるのか楽しみです。


《左画像をクリックすると拡大します》

2009年08月3日(月) 13時30分
◇阿賀川でウサギを目撃◇

8月1日、めだか塾を終わって本郷大橋から蟹川橋に向かう途中、鉄橋下の川原にウサギがいたのを目撃しました、写真を撮ろうとしたのですが車から出ると逃げてしまうので車からから窮屈な姿勢のまま撮影しました。このウサギ飼われていたものが逃げたのか、もともと河川敷に棲んでいたのでしょうか。


《左画像をクリックすると拡大します》

2009年08月3日(月) 13時30分
◇めだか塾(8/1)◇

8月1日、「会津めだか塾」の屋外での講義が本郷大橋付近の河川敷に於いて実施されました。午前は坂下講師による「川に学ぶ体験活動基礎技術」についての講義と実技、午後からは二甁講師による「川に学ぶ体験活動の指導法」の実技がありました。大変暑い中お疲れ様でした。

2009年07月27日(月) 14時30分
◇ハグロトンボの脱皮を目撃◇

朝5時30分頃、犬と田んぼの傍の道を散歩していたら「ハグロトンボ」の脱皮しているところを見ることが出来ました、抜け殻と成虫が並んで撮影でき、比較するのに丁度良い具合でした。
9時頃同じところへ行くと、飛び立った後でした「残念 ・ 」、周辺を探しましたが脱皮途中のトンボはいませんでした。
まあ一枚撮れたので「満足 ・ 」、次の散歩でまた探しましょう。
カメラを忘れずに。
《左画像をクリックすると拡大します》

2009年07月23日(木) 11時30分
◇見る、観る、視る、看る、診る、覧る◇

7月22日、「平成21年度会津めだか塾」の開講式がありました。坂下講師の「阿賀川の自然環境」について基調講演があり、そのなかでスギナを例に挙げ植物図鑑を鵜呑みにするのではなく、現場で物を良く観る事が大事との話がありました。今何かを調べようとするとインターネットで調べることができますが中には間違っているものも多々あるように聞いています。全てのことを自分で確認する事は不可能ですが、出来る限り自分の目で観て触って記録と記憶して何時でも出せるようにしておきたいものだと思います。

2009年07月23日(木) 11時30分
◇皆既日食◇

7月22日、朝から曇りで時々雨、日本で46年ぶりの皆既日食、会津では部分日食しか見られませんが雲の隙間ができ太陽が顔を出すのを今か今かと待っていました、漸く1枚部分日食と分かる写真を撮ることが出来ました。小学生の頃会津でも皆既日食を見ることが出来ました、太陽が少しづつ隠れだんだん暗くなりこの世の終わりを連想させるような不思議な光景でした。話題になった悪石島では雨で見られなかったようです。この次は26年後だそうです、生きていられるか。
《左画像をクリックすると拡大します》

2009年07月15日(水) 15時30分
◇ハグロトンボ◇

幅1m程度の小川の両岸にハグロトンボが多数草にとまっていました、この川は流れが速くもしここで羽化したのであればすごいですね。
図鑑で調べると生息地として「丘陵地や平地の緩やかな流れ」と記してあり、この場所の川の環境とは異なります。
一度調べてみる価値はありそうです。


《左画像をクリックすると拡大します》

2009年07月15日(水) 15時30分
◇オキナグサの葉の数が増えました◇

芽を出したオキナグサの葉が増えて形からオキナグサと分かるようになってきました。雑草の芽で無かったので一安心です。同時に蒔いた種でもまだ発芽していない物もあります、芽が出ないで終わるかもしれません。観察を続けたいと思います。



《左画像をクリックすると拡大します》

2009年07月14日(火) 10時30分
◇タイコウチの捕食◇

捕食の瞬間を目撃しました、いつもは動作は遅いのですが、餌を入れてまもなく大きなカマで押さえ付け、クチバシで体液を吸っていました。情報によると3週間ほど餌を食べてなくても生きているそうです。

《画像をクリックすると拡大》

2009年07月08日(水) 14時00分
◇名前の不思議◇

始めて「タイコウチ」の実物を見ました、画像ではこんなのが居ると分かっていても名前までは知りませんでした。子供の頃魚捕りの網に引っかかっていたような気がしますがハッキリしません。
「タイコウチ」と言う名が不思議でなりませんでした、これを呼ぶ発音は一本調子で「タイコウチ」と聞こえました(私だけ)、調べてみると前足の形態が太鼓を打つのに似ているから「タイコ・ウチ」と名前がついたと記してありました。うーん なるほど ・ ・ 。一つ勉強になりました。

2009年07月08日(水) 11時30分
◇コオニヤンマの脱皮◇

総合学習支援で「コオニヤンマ」の脱皮を見ることが出来ました、あの長い尾っぽはどのようにしてヤゴの中に収まっているのか大変興味がありました。
子どもたちにヤゴの「コオニヤンマ」と同時に羽化途中のものを見せることが出来たことは非常に幸運だったと思います。

2009年07月08日(水) 11時30分
◇カジカ◇

総合学習支援で「カジカ」を採取しました、子供の頃「ヤス」で刺し捕って唐揚げにして食べていました、非常に美味かった記憶があります。妻の故郷では「カジカ」と言うのは海にいて50cm程度と言っていました、同じ名前でも経験により想像している物が違うのだと強く感じました。秋に観音沼に紅葉を見に行った帰り、偶然入ったそば屋さんに「カジカ」がメニューにあり早速食べさせました「美味い」との言葉に川の「カジカ」を知ってもらえたような気がしました。

2009年07月08日(水) 11時30分
◇アカザ◇

総合学習支援で「アカザ」を採取しました、子供の頃石の下に両手を入れ魚を捕っているときに棘に刺されたおぼろげな記憶があります、呼び名を「ハッチョ」と言っていたような気がします。動植物には地方特有の名前が付けられており「アカザ」と言われてもピーンと来ませんでした、子供の頃の痛い思い出が蘇った一日でした。

2009年07月08日(水) 10時30分
◇湯川のホタル乱舞◇

6月末から湯川にホタルが出始めました、生息場所が少なくなってきているいま市街地でホタルが見られるのは珍しいのではないでしょうか。この場所は近所の方が川の清掃や幼虫の成育場所の手入れをしているみたいです。小さい頃近所の小川や田んぼで沢山のホタルを見た記憶があります、この場所に限らず子供の頃のように多くの生き物が身近に見られるようにしていきたいものです。
《左画像をクリックすると拡大します》

2009年07月03日(水) 16時00分
◇オキナグサの種が芽を出しました◇

約3週間前にプランターに蒔いたオキナグサの種が発芽して2枚の葉を付けました、雑草の種が入らないように不織布をかけ混入を防ぎました、一部の葉の先には種子の残骸がありオキナグサに間違いないと思います。
今年始めて種を蒔いたので、芽が出たときには「やったー」と心の中で叫びました、今後どのように成長していくのか楽しみです。

《左画像をクリックすると拡大します》

2009年06月15日(月) 17時00分
◇アオダイショウ3態◇

蟹川橋付近の草むらでアオダイショウを見つけました、正面からアップで見るのは初めてでした。ヘビは突然に遭いたくないものの一つです。左の写真は「邪魔をしないでくれよ」と言っているようにも見えます。この3態を見てみなさんはどのように思われますか、ヘビの気持ちが分かればいいのですが。
このヘビ、アオダイショウと思うのですが、ご存じの方はメールにて教示願います。

《左画像をクリックすると拡大します》

2009年06月10日(水) 14時00分
◇桑の実の思い出◇

会津若松市の水辺の楽校付近で桑の木を見つけました、実はまだ熟しておらず、食べるのにはまだ早いようです。小学校の頃、通学路の途中に桑の木があり体操帽に熟した実を採って食べていました。熟した紫の実の汁が帽子に付いて取れなくなって母親に怒られた記憶が甦ってきました。その数日後、年老いた母とドライブに行って道ばたで熟した桑の実を見つけ、手にのせてやったら懐かしそうに「甘い、甘い」と言って食べていました。幼き日と若かりし日が甦った一日でした。熟した頃にもう一度行って食べてきたいと思います。

2009年06月09日(火) 16時00分
◇カルガモ3家族◇

湯川の大橋から烏橋にかけてカルガモの3家族が棲んでいます、今までは草がまだ短かったのでよく見えたのですが、最近では背が高くなり見にくくなってしまいました。親ガモの後ろを子ガモがぴったりと付いて泳いでいます、毎日が遠足みたいです。気になることがあるのですが、見る度に小ガモの数が減っている気がします、気のせいでしょうか。

2009年06月05日(金) 15時00分
◇飴色の飛翔体(ミヤマカワトンボ)◇

水辺の楽校付近にて飴色の飛行体を発見、飴色の羽、コバルトブルーの胴体、羽を広げると透き通る飴色、アップで撮るためにひたすらレンジ(撮影距離40cm)に入るのを待つ、待つ ・ ・ ・。
膝が痛い、腰が痛い、でも待つ ・ ・ ・。うーん 電池が、神よ電池を我に。神が微笑んで電池の続く限り連射連射、ちょっとピントが甘いが何とか見られる写真をゲット。

《左画像をクリックすると拡大します》

2009年06月05日(金) 12時00分
◇これは何でしょう◇

会津若松市の水辺の楽校に行ってきました、茅の穂になにやらぶら下がっているではありませんか、左の黒いところは頭のようで全身に長い毛が生えていました。インターネットで調べてみるとオビガという「蛾の幼虫」でした、成虫はどんな形をしていするのか観てみたいですね。  ゆっくり河川敷を歩いていると今までに見たことのないものに合います、川は正に「不思議の世界」です、新しい発見が楽しいですね。

2009年05月25日(月) 11時00分
◇自然はすごい◇

タンポポの冠毛に水滴が付いていて非常に神秘的な感じがしたので写真を撮りました。水滴が球状になって浮いている状態になっています、撥水性が非常に良いんですね、里芋の葉や蓮の葉も同様です。
名古屋大学では車の窓ガラスに応用してワイパーの要らない車を実現しようと研究しています。自然に備わっている能力に驚くばかりです。
自然は私たちにヒントを沢山用意しているのかもしれません、ただ私たちが知らないだけで、もっと観察眼を養い注意深く自然を観る必要があるのではないでしょうか。《画像をクリックすると拡大します》

2009年05月21日(木) 10時00分
◇食べたのはだれ(クルミの食痕)◇

会津坂下町長井の阿賀川の岸で穴の開いているクルミの殻を見つけました。リスは合わせ目部分を2つ割にして食べると聞いたことがあるので、リスでは無いと思います、ネズミ類ですか、巧い具合に穴を開けています、食べているところを見てみたいですね。
自分の足下を目を凝らしてよく見ると、自然の営みの一部が間接的に見えてきます、ネズミであるとするならどのような格好で何時食べているのでしょう、じっくり観察してみたいものです。

2009年05月20日 10時00分
オキナグサの種子が旅立ちをはじめました

一部のオキナグサは種子が完熟して飛び立っています、何処へ行くのでしょう、新天地で花を咲かせてくれれば良いですね、他のはまだ完熟していないものもあるのでもうしばらくは楽しめそうです。




《画像をクリックすると拡大します》

2009年05月20日 10時00分
偶然に鳥の名前が分かりました

はじめて見た鳥なのですが名前が分かりませんでした、今朝友人の奥さんのブログを見たら偶然にも同じ鳥が載っていました「コムクドリ」だそうです。
鳥の名前が分かったうれしさよりも同じ時期に同じ鳥が載っていた事に驚いています。
何かの巡り合わせですかね。

《画像をクリックすると拡大します》

2009年05月19日 15時00分
◇魚の撮影はむずかしい◇

富山県魚津市で開催されたある総会に行ってきました、周辺の黒部市などは多くの湧水に恵まれているため、トゲウオが生息しているのではと思い魚津水族館に行きました、入り口を入るなり「富山の淡水魚」コーナーがあり「トミヨ」が展示してあるではありませんか、デジカメで撮影しようとしましたが、動きか早くじっとしていません、適当にシヤッターを押し連射連射の連続、何とかトミヨと分かるものが捕れました、42枚撮影して使えそうなのは2枚程度、山中先生の苦労がよく分かりました。
《マウスをのせると画像が変わります》

2009年05月19日 11時00分
この鳥の名前を教えてください

湯川橋の袂の柳の木に見慣れない鳥が止まっていたので写真を撮りました、頭が白く幼いようなので幼鳥かと思うのですが名前が分かりません、ご存じの方はメール等にてご教示願います。




《画像をクリックすると拡大します》

2009年05月13日 16時00分
新たな発見

会津坂下町長井の阿賀川で新たな(私にとって)発見をしました、河原に降りていくと、シマヘビいて近づくと川の方へ逃げていきました、てっきり水面を泳いで逃げるのかと思っていたところ、突然水中に潜り(左図)対岸のほうへ行ってしまいました。今までの経験だと水面を泳ぐヘビしか見たことが無く私にとって「新たな発見」でした。いつかは水面に頭を上げて呼吸すると思うのですが、一時的に水中に潜っただけなのでしょうか、ご存じの方があればメール等にてご教示願います
《画像をクリックすると拡大します》

2009年05月12日 14時00分
◇阿賀川堤防のオキナグサを見に行ってきました。◇

5月11日(月)会津美里町大石地先阿賀川左岸堤防付近のオキナグサの生育を見に行ってきました。
4月26日(日)に比べ上流側は綿毛が四方八方に伸びているが種子は未完熟状態。
下流側は生育が遅れているもの(左)、背の高い草に囲まれてしまったもの(中)、種子が完熟し今にも飛び立とうとしているもの(右)まであり、成長に大きな差がありました。
上流側
下流側

2009年05月08日 16時00分
◇第2回オキナグサ祭に行ってきました。◇

第2回オキナグサ祭が4月26日(日)会津美里町大石地先の阿賀川左岸堤防付近に於いて開催されました。
当日は朝から雨模様、綺麗な花が見られるかと心配をしながら現地へ、場所は昨年10月27日(月)に阿賀川・川の達人の会でオキナグサの植え付けをお手伝いしたところの上流でした。
現地では「オキナグサを守る会」の方々がオキナグサの説明や現地案内をしていました。
帰りにオキナグサの苗をいただいてきました、庭に植え来年の春を楽しみにしたいと思います。
昨年植え付けをお手伝いしたところのオキナグサも見てきました、一部は小さな花を付けていましたがまだ花を付けていないものもありました。
来年は綺麗な赤紫の花を見せてくれることを期待したいと思います。

2009年04月24日 11時00分
◇ホームページ リニューアル◇

阿賀川・川の達人の会のホームページをリューアルしました。


2009年04月23日 10時19分
◇閼伽日記の書き始め◇

賀川の語源は、仏教用語の「閼伽:アカ」からきていると言われています、ラテン語の「Aqua」も「水」に関わる言葉という点では同じですね。福島県いわき市の西方にも「閼伽井嶽」という標高605mの山があり、頂上から少し下ったところに「閼伽井嶽薬師(常福寺)」があります、仏教用語では「閼伽井」とは功徳の水を汲む専用の井戸とあり、ルーツは同じではないかと思います。
一度調べてみるのもおもしろいかもしれません。